増えつつある病気

レディ

大腸がんは、昨今、日本人の間で増えている病気です。その理由は、食生活が肉食へと急激に変化したからです。大腸がんは初期のうちに発見されれば、治療で確実に治すことができます。ただ初期症状がない病気なので、定期健診を受ける事が大事です。

治療方法・目的を確認

メンズ

大腸癌と診断され、他の臓器にも転移が見られたときには、進行度が高いと言えます。治療を受けるという場合には、どのような治療があるのか、それぞれのメリット・デメリットをしっかりと確認した上で医師を話し合い決めるようにしましょう。

最新の治療法への期待

主な仕組みと特徴

医者

現代においてもがんの治療は、厄介な面が多々あるといわれています。現代では主な対処法として、外科的手術による摘出の他、抗がん剤を筆頭に薬物を使った内科的療法、あるいは放射線療法といった方法があります。それに対して近年、注目が集まっている治療法が免疫療法とされます。これは薬物による内科的治療の中でも、従来の抗がん剤より副作用が少なく確実な撃退効果が期待される方法とされています。仕組みにおける主な着眼点として、がんによる免疫機能への妨害を取り除く事が挙げられます。がん細胞は免疫細胞に対して、その撃退機能を妨害する、あるいは弱体化させるためのシグナルを持っています。それが発動すると免疫機能は正常な撃退攻撃が出来なくなるため、がんの抑制が行われなくなる仕組みになっています。免疫療法にはこうしたシグナルの働きを抑え込み、正常な免疫の働きを回復させる効果があります。

効果の理由と今後の課題

近年の研究によって免疫療法が効果を発揮する理由としては、がん患者がPD-L1と呼ばれる特有のタンパク質を持っているためだとされる事が判明しています。このタンパク質を多く持つ患者とは、がん細胞にこのタンパク質を生成する細胞を多く含んでいる事に等しくなります。PD-L1には免疫機能に作用して、攻撃を止めるシグナルとなる厄介な役割がありました。免疫療法ではこのPD-L1の機能を抑える事で、免疫ががんに対する攻撃を止めてしまわない様にする効果に繋がっています。よってPD-L1を多く持つ患者の場合、免疫療法の効果に対して受容性が高い状態であるとされています。その一方で今後の課題として、より免疫療法の効果が及ぶ範囲を拡大させる事が挙げられています。先に述べたPD-L1を、免疫療法による効果が期待できる程に充分持っているがん患者は、全体の患者における30パーセント前後に留まるとされています。そのため今後は、他にも存在するとされる免疫機能妨害の機構を解明し、その妨害を阻止する薬品の開発が期待されます。

半年以上続く慢性疲労

婦人

慢性疲労症候群は単なる慢性疲労と異なり、半年以上も原因不明の慢性疲労症状が続いて日常生活に支障を来す病気です。根本的な治療は難しいと言われていますが、慢性疲労症候群に理解ある内科医の下で粘り強く治療を続けることで症状は改善します。付随する諸症状を軽減させる薬に加え、免疫調節のための治療も重要です。